相談事例 「夫が好きな女性ができたから離婚したいと家を出て行った」



こんにちは

離婚カウンセラーの池田昭子です。

2010年、開業2年目の記事をご紹介しています。

相談事例は、クライアントの了解を得て掲載しています。




----------------------------------------------

女性50代/結婚30年以上

/子ども成人

1年半継続カウンセリング中

----------------------------------------------

Q.01_あなたが抱えていたお悩みは何ですか?どうしたかったですか?

夫が好きな女性できたから離婚をしたいと言って家を出て行ったこと。私は離婚はしたくなく彼に戻ってきてほしかったです。

Q.02_それらのお悩みのために自分で努力した点はありますか?

死にたいくらい辛く悲しかったので相談できる人が欲しかったです。相談できる人を探すのが一番先にしたことです。

そのつぎは前向きに生きようとしたこと。

Q.03_それらのお悩みのために他相談所を利用した事はありますか?

ない

Q.04_当相談所を選んで頂いた理由は何ですか?

離婚する気持ちがないので弁護士さんより自分の気持ちを相談できる離婚専門のカウンセラーさんが良いと思ったから。

日本家族問題相談センターのホームページで事務所を開設とあったことと写真をみて安心できると思ったから。

Q.05_当相談所を継続的に利用して下さっている理由は何ですか?

気持ちの整理ができて勇気?元気になれるから。

Q.06_当相談所を利用して良かった点を教えて下さい。

先生にお会いできたこと。

可能性は開かれいるといつも気持ちを前向きにしてくれる。

自分自身を見つめることになり、人生が豊か?深まった。

心細いときに一緒に行動をしてもらえた。遠くまで同伴してもらいました。

相談日時を希望にあわせてもらえた。かなり遅いときも、まる一日もありました。

パニックで急に電話をしても直ぐに対応してもらえた。

家に置きにくい書類を預かってもらっている。

Q.07_今後のあなたの目標は何ですか?

-------------------------------------------------------------

カウンセラー 池田昭子からのメッセージ

-------------------------------------------------------------

早いもので初めてご相談をいただいてから一年半のお付き合いになります。

この間のKさんの生きるための努力には本当に頭が下がる思いです池田のお勧めする「続婚」をしっかりと歩んでくださっています。

ご相談の流れは「夫の様子の変化→女性の発覚→女性との話し合い→夫との話し合い→別居→関係修復中」です。

夫の別居まではKさんの行動をサポートし、その後はメンタル面のサポートをさせていただく形です。

ほぼ毎日池田の携帯にメールしてくれます。

懸命に自分を見つめる作業をしながら夫と共通の趣味を始め、楽しく会話ができるまでに修復途中です。

今の関係を大切にしながら以前と同じことを繰り返さないように自分の心を知りコミュニケーションを学ぶという正念場に臨んでいます。

----------------------------------------------


離婚カウンセラー池田昭子相談事務所

離婚カウンセラー池田昭子です。 10年近く、大阪・京都・阪神間などで活動中。 カウンセラーとして1000人近くの辛い心で過ごす方の声を聴いてまいりました。その経験から、その方たちの「生きにくさ」がどこから来ているかが気になり始め、家庭を構成する夫婦の問題に思い至りました。そして、夫婦問題・離婚問題は避けて通ることはできないと考えています。 悩みながらも自分らしく生きるあなたを応援します。

0コメント

  • 1000 / 1000