池田のひとりごと ベランダで衰弱死

こんにちは

離婚カウンセラーの池田昭子です。

2010年、開業2年目の記事をご紹介しています。



先月から行方不明になったと、捜索願が出ていた大阪の女の子。

実の母を含む周囲の大人によって奈良の墓地に埋められていたのが見つかりました。


どうしてこんなことになってしまうのでしょう。

あまりにかわいそうです。


ご家庭内のことがニュースで語られていましたが、親の離婚によってきょうだいと離れて母とその愛人とその子どもとの暮らしだったそうです。


行方不明の捜索の折にお父さんがビラ配りをしているのをニュースでみました。

その時すでに亡くなっていたなんて。


大人の事情はそれなりにあるのでしょうが、子どもが犠牲になる事件が起きると「また」という感じがぬぐえない怖ろしい世の中に自分が居ることにぞっとします。


親になるべき教育を受けないままに親になってしまうのは日本の教育力が足りないのか・・・ 

コミュニティが衰退していることも子どもを守れない原因と思われます。


離婚の際に話し合いのまとまらないまま、納得できないまま離婚される方がけっこう多いことは職業柄よくみています。


が、書類を提出すれば離婚は成立するのですが、心の整理がつかないまま新しい環境で暮らし始める無理がどこかにひずみを生むのではないかと感じています。 


子どもには責任はないのですから。

大人が守っていける世の中であって欲しいです。

ぜひはやめにご相談いただきたいと切に願っています。


離婚カウンセラー池田昭子相談事務所

離婚カウンセラー池田昭子です。 10年近く、大阪・京都・阪神間などで活動中。 カウンセラーとして1000人近くの辛い心で過ごす方の声を聴いてまいりました。その経験から、その方たちの「生きにくさ」がどこから来ているかが気になり始め、家庭を構成する夫婦の問題に思い至りました。そして、夫婦問題・離婚問題は避けて通ることはできないと考えています。 悩みながらも自分らしく生きるあなたを応援します。

0コメント

  • 1000 / 1000