池田のひとりごと  あんたが悪い

 

こんにちは

離婚カウンセラーの池田昭子です。

2010年、開業2年目の記事をご紹介しています。



生きているといろんな人と関わりを持ち、楽しいことも辛いことも感じます。


夫婦間に問題が起きたときどちらが悪いか白黒つけたくなったり、自分の正当性を認めて欲しい気持ちになることはよくあることですね。


パートナーを「悪い人間」と切り捨てる。 

「あんたが悪い」 

これをやると夫婦関係は壊れていきます。


言葉に出さなくても気持ちを押し殺してもマイナスの感情は伝わりやすい。

逆に 

「あなたを想って・・・」 

というプラスの感情は 言葉にしないと伝わりにくいものなのです。


ま、それは置いておきますが、そんな悪い人を選んでしまったのは自分自身の人を見る目が無かったから。


人は良いところもあり、悪いところもあります。

もちろん自分にだって。

それを 

「どっちが正しい?」 

という問題にこだわると不愉快な思いをする経験が増えていきます。

そんな日々は幸せと感じられないことになります。


昨日の続きになりますが、人の良いところも悪いところも自分が色をつけなければ立ち現れてきません。

自分の見たいものを見ているのにそれに文句をいうのはなぜなのでしょう?

「あんたが悪い」

は即ち自分が悪いなのですね。


スッパリ切り捨てたようでも長年引きずっているそんな生き方をしている人も少なくはありません。

 

離婚カウンセラー池田昭子相談事務所

離婚カウンセラー池田昭子です。 10年近く、大阪・京都・阪神間などで活動中。 カウンセラーとして1000人近くの辛い心で過ごす方の声を聴いてまいりました。その経験から、その方たちの「生きにくさ」がどこから来ているかが気になり始め、家庭を構成する夫婦の問題に思い至りました。そして、夫婦問題・離婚問題は避けて通ることはできないと考えています。 悩みながらも自分らしく生きるあなたを応援します。

0コメント

  • 1000 / 1000