池田のひとりごと  誰かが誰かを想っている

こんにちは

離婚カウンセラーの池田昭子です。

2010年、開業2年目の記事をご紹介しています。




私たちは生まれてから死ぬまでの間、「誰か」を想って暮らしています。

誰かは一人ではないでしょうし、家族だったり友だちだったり恋人や先生、同僚、上司、

仲間、隣人 ・・・


素直に発して素直に受け取ればお互いにもう少し心穏やかな日々を暮らせるのかも。

私たちはよく、もっとたくさん想って欲しいと思ってしまうようなのです。


とても辛い気持ちになっているとき。

消えてなくなりたいとき。

愛する人の心が迷子になったとき・・・

最後の最後で救ってくれるのは

「誰かに 想われてる」 

・・・・・・愛されているのでもなく 慕われているのでもなく ほんの小さな心のかけら

 

遠い昔、まるでマッチの灯火のように池田の心を温めたのは、牧師の一言でした。

(毎回申し上げますが、池田はどの宗教にも帰依しておりません。池田の先生がたまたま牧師であったということです。)

 

そうです。カウンセラーとして駆け出しの頃、大きな苦しみに崩れそうになった方を支える事の重圧に押しつぶされそうになったときその方に心を救っていただいたことがあるのです。

その時、池田は

「人を支える・サポートする」 

という言葉の意味を身をもって理解することができました。

こんな池田ですがあなたの辛いときを支えたいという想いで活動しています。

 

離婚カウンセラー池田昭子相談事務所

離婚カウンセラー池田昭子です。 10年近く、大阪・京都・阪神間などで活動中。 カウンセラーとして1000人近くの辛い心で過ごす方の声を聴いてまいりました。その経験から、その方たちの「生きにくさ」がどこから来ているかが気になり始め、家庭を構成する夫婦の問題に思い至りました。そして、夫婦問題・離婚問題は避けて通ることはできないと考えています。 悩みながらも自分らしく生きるあなたを応援します。

0コメント

  • 1000 / 1000