池田のひとりごと 自分を生きる

こんにちは

離婚カウンセラーの池田昭子です。

2010年、開業2年目のころの記事をご紹介しています。



昨日は ブログをあけたまま寝てしまって記事を書くことができませんでした。

最近お疲れです・・・


私たちはたくさんの人の中で生きていて、自分で選んで生活を送っているような気でいます。


でも、思惑というのでしょうか 「誰かのため」 「誰かの希望」 「誰かの意向」 

知らず知らずのうちに思い描いてその 

「誰かの気に入るような(実際は気に入られると自分が思う)」

行動をとってしまうみたいです。


たぶん、その結果は 「誰も望まない」行動の連続になって自分自身は自分の人生とはズレたところで生きている・・・


その 「誰か」というのは家族ということが多いと思います。

それが家族の苦しさなのかもしれません。


妻にとって「夫の意向」は重大です。


まだ新婚の女性の仕事観 聞く機会がありました。

「夫に怒られないように。 家事に差しさわりがない程度。夫に怒られたら仕事を辞める」


仕事は好きなのに・・・


家族はついつい縛りあってしまうのかもしれませんね。

本当はそんな事を望んでいたのではないかもしれませんが。

自分を生きることの難しさを感じました。

離婚カウンセラー池田昭子相談事務所

離婚カウンセラー池田昭子です。 10年近く、大阪・京都・阪神間などで活動中。 カウンセラーとして1000人近くの辛い心で過ごす方の声を聴いてまいりました。その経験から、その方たちの「生きにくさ」がどこから来ているかが気になり始め、家庭を構成する夫婦の問題に思い至りました。そして、夫婦問題・離婚問題は避けて通ることはできないと考えています。 悩みながらも自分らしく生きるあなたを応援します。

0コメント

  • 1000 / 1000