池田のひとりごと 続 分かり合えない人

こんにちは

離婚カウンセラーの池田昭子です。

2010年、開業2年目のころの記事をご紹介しています。



さて、一日中仕事をしていたらいつの間にか深夜になっていました。

分かり合えない人 のつづきです。


好きな人ができるとその人のこと知りたくなりますね。

「わかりたい? わかって欲しい?」 

恋愛の成就は 

「わかり合うとは 似て非なるもの」

お互いに確信犯的な誤解をしなければ 恋などできません。


それを理解せずに結婚生活を始めると やがてすれ違いの日々が・・・SEXをしても距離が近くなるのではなく、お互いが別の人間だということの確認になってしまいます。


で、分かり合えない人ですが、これはまさに 「人の話を聞かない人」 です。

会話が続かないということではなく、話が弾んでいるようでも適当に相手に合わせているだけで相手の話を聞いていない人です。

あなたの周りにもいるかもしれませんね。


いろんな段階が考えられますが、

「興味がない」 「聞いていない」 は「受け容れていない」 「分かりたくない」


いつもいつも 「分かる」 「分かろうとする」 必要はありません。


でも、いつもいつも分かりたくない人は 池田に相談してくださった方が生き易くなるかも知れません。


カウンセラーは人の話をきくときに 「聴く」 という言葉を意識します。

音楽を聴くように相手の言葉を心で聴く・・・そうすると言葉から解き放たれた心に触れることがあります。

 

離婚カウンセラー池田昭子相談事務所

離婚カウンセラー池田昭子です。 10年近く、大阪・京都・阪神間などで活動中。 カウンセラーとして1000人近くの辛い心で過ごす方の声を聴いてまいりました。その経験から、その方たちの「生きにくさ」がどこから来ているかが気になり始め、家庭を構成する夫婦の問題に思い至りました。そして、夫婦問題・離婚問題は避けて通ることはできないと考えています。 悩みながらも自分らしく生きるあなたを応援します。

0コメント

  • 1000 / 1000