池田のひとりごと 分かり合えない人

こんにちは

離婚カウンセラーの池田昭子です。

2010年、開業2年目のころの記事をご紹介しています。



捨てる神あれば拾う神あり

先日、メールを読んで池田が泣いた話をしましたね。

 「わかってもらえた」 といううれしい気持ちでした。

今はなかなか使わなくなった「義侠心」という言葉・・・それを感じたのです。

(池田は男気のある人が好きです)


 ま、わかってもらえたということが、なぜ泣くほどうれしいのか・・・・

 それは、「なかなかわかってもらう経験がない」 ということに他なりません。


 池田に限らずそんな想いを感じる方がいるとしたら、人間関係の基本は

「わかってもらえない」 なのです。 

わかってもらえるということは大した事なのです。


わからないのが当たり前。これが常態ということです。

わからない と 分かり合えない は違うと思うのです。


さてさて、ややこしい話になってきました。

少し覚悟してください。


分かり合えない人は たぶん わかりたくない わかると自分に都合が悪いことを 抱えている人です。

拒絶と言ってもいいかもしれません。


人は見たくないものを無意識に見ないようにすることがあります。

それに気づいてしまったら今までの自分の生き様が、ガラガラと音を立てて崩れ去るような・・・それほどの危機感です。

ですから無理に見たくないものを見ることはありません。


 池田はこんな仕事をしていますので、人をわかろうと努力をします。

でも、それは「分かり合えるうれしさ」 を求めているわけではありません。

それはうっかりすると同情になってしまうかも・・・

 

離婚カウンセラー池田昭子相談事務所

離婚カウンセラー池田昭子です。 10年近く、大阪・京都・阪神間などで活動中。 カウンセラーとして1000人近くの辛い心で過ごす方の声を聴いてまいりました。その経験から、その方たちの「生きにくさ」がどこから来ているかが気になり始め、家庭を構成する夫婦の問題に思い至りました。そして、夫婦問題・離婚問題は避けて通ることはできないと考えています。 悩みながらも自分らしく生きるあなたを応援します。

0コメント

  • 1000 / 1000