池田のひとりごと 自縛、呪縛

こんにちは

離婚カウンセラーの池田昭子です。

2010年、開業2年目のころの記事をご紹介しています。



がんじがらめになった方とのお話で感じるのは 「自縛」 自分で自分を縛っている・・・そう、おなじみの禁止令です。


禁止令 というのは耳慣れない方にはイメージの湧きにくい概念だと思いますが使い慣れるととても役に立つものです。


生きるのが辛い という方とお話して 自縛を感じます。いえ、呪縛と言っても過言ではない・・・

 色即是空   


人生には明るく見える面も陰に見える部分もある。

それは同じもののそれぞれの形。


呪縛にとらわれると見事なまでに人生は暗がりです。

深海魚やモグラのように明るい場所が苦手な生命体もあるのですから、明るいことが良いと押し付けることはできません。


池田は 「明るく生きなさい」 ではなく 

「居心地の良いように生きてください」 と言いたいと思います。


今このときに、この地上で生きているすべての皆さんに 明日が 「約束」されているわけではありません。 


その意味で人はみな平等です。


明日が見えないから、「生きたくない」という人もいるでしょう。

わからないから生きてみるという人も。

離婚カウンセラー池田昭子相談事務所

離婚カウンセラー池田昭子です。 10年近く、大阪・京都・阪神間などで活動中。 カウンセラーとして1000人近くの辛い心で過ごす方の声を聴いてまいりました。その経験から、その方たちの「生きにくさ」がどこから来ているかが気になり始め、家庭を構成する夫婦の問題に思い至りました。そして、夫婦問題・離婚問題は避けて通ることはできないと考えています。 悩みながらも自分らしく生きるあなたを応援します。

0コメント

  • 1000 / 1000