池田のひとりごと 自己愛性人格障害

こんにちは

離婚カウンセラーの池田昭子です。

2010年、開業2年目の記事をご紹介しています。



「自己愛性人格障害」

最近、増えているようです。

いえ、昔からあったのでしょうけれど、境界例というくくりが最近まで認識されていなかったのです。


昔は「ちょっと変わった奴」 程度だったのが今は病名がついて・・・


人の生きづらさというのはこのあたりが関わっているのですが、ボーダーの人は自分に問題があるとは気づけない、問題は他人にあるに決まっている・・・そんな人たちです。


自分だけが生きづらいならしょうがないと思うけど、この人たち、周りに悪い空気を振りまいてくれます。


まず、子ども。ボーダーの母を持つと、子どもは安心して暮らせません。

これは母親自身が子どもの頃安心して暮らせなかった・・・世代間伝達らしいです。


DVなどの暴力も世代間伝達します。


やはり、生まれてから物心つく間に、人間との信頼を獲得するのが幸せの条件?!

う~ん・・・池田は逆説的ですが、不幸を知らないものは幸せもしらないという気がしています。


信頼は生易しいものではありません。

裏切られても、受け容れられなくても、粗末にされても・・・辛い目にあっても・・・

人を信じたい、信じていきたいと願う心に幸せが住み着くのではないかと思います。


そして、幸せは育て続けることが必要です。

 

離婚カウンセラー池田昭子相談事務所

離婚カウンセラー池田昭子です。 10年近く、大阪・京都・阪神間などで活動中。 カウンセラーとして1000人近くの辛い心で過ごす方の声を聴いてまいりました。その経験から、その方たちの「生きにくさ」がどこから来ているかが気になり始め、家庭を構成する夫婦の問題に思い至りました。そして、夫婦問題・離婚問題は避けて通ることはできないと考えています。 悩みながらも自分らしく生きるあなたを応援します。

0コメント

  • 1000 / 1000