池田のひとりごと 生きていることの意味

こんにちは

離婚カウンセラーの池田昭子です。

2010年、開業2年目の記事をご紹介しています。



最近、友人から来たメールに 

「生きていることの無意味さを感じました」

 とありました。


何か特別なことが起こったわけではなく、仕事で忙しい日常を離れ休みのひと時を静寂の中に過ごすのが辛かったそうです。


 そのとおり・・・


人が生きる意味は無いかもしれません。


私たちにとって最強の禁止令は 

「死ぬことは怖いこと・(自ら)死ぬのは悪いこと」

かもしれません。


・・・しばらく考えてみましたが、このテーマが禁止令として刷り込まれたとは考えにくいですね。

 

創世主の導きか、DNAの企みか・・・わからないけれど生まれる前から「生きるテーマ」は存在しているのです。


なぜなら私たちは

「生まれてきてしまったのですから」


ここにはもう選択肢は無いと感じます。


「生きることに開き直って生きるしかない」

人生の早い時期にその覚悟を決めたらどんなに生き易いか・・・


そこから「生きる」ことが始まるのかもしれません。

だとしたら現代日本人の多くが生きる前に寿命が尽きてしまっているのではないでしょうか。

こんなに長生きなのに!


生きることの意味があるかないか、池田にはわかりません。

でも、生きてみないとわからない・・・それは生きて生き続けることによって自分にしか受け取れない形で理解できてくる物のような気がしています。


残念ながら遺産のように遺せません。

本当に伝えたいこと、遺したいことはその人自身でしか利用不可能なものなのでしょう。


だからこそれぞれが自分の人生を生きるしかないのでしょうね。

 

離婚カウンセラー池田昭子相談事務所

離婚カウンセラー池田昭子です。 10年近く、大阪・京都・阪神間などで活動中。 カウンセラーとして1000人近くの辛い心で過ごす方の声を聴いてまいりました。その経験から、その方たちの「生きにくさ」がどこから来ているかが気になり始め、家庭を構成する夫婦の問題に思い至りました。そして、夫婦問題・離婚問題は避けて通ることはできないと考えています。 悩みながらも自分らしく生きるあなたを応援します。

0コメント

  • 1000 / 1000