池田のひとりごと  地と図

こんにちは

離婚カウンセラーの池田昭子です。

2008年、開業当時の記事を紹介しています。



地図ではありません。


 地(じ)と図(ず)です。


「知覚心理学」を学ぶと出てくる・・・あの図ですね。


だまし絵のような・・・一枚の絵が白の部分と黒の部分に塗り分けられてて・・・

黒の部分を形として認識するときには男女が見詰め合っているようなロマンチックな絵に見えます。

それが白の部分を図として認識すると花瓶に見える。


そう、「ルビンの図地反転図形」です。


 日常の物事もこれと同じことが言えます。

 何かにスポットが当れば、他の何かは影になる。


 すごっく嫌いな人が現れると、ちょっと嫌いな人のことは認識されない。


 小さな心配事も、突発的な事件・・・事故にはかき消されてしまう・・・


 恋に陥ちれば、恋以外のモノは、背景に成り下がってしまう・・・


カウンセラーにとって地が地で固定してしまうということは避けなければならないことです。

地も図も・・・

裏側からも、異次元からも物事を見る能力を大切にするのがカウンセラーの役割だと池田は思います。

離婚カウンセラー池田昭子相談事務所

離婚カウンセラー池田昭子です。 10年近く、大阪・京都・阪神間などで活動中。 カウンセラーとして1000人近くの辛い心で過ごす方の声を聴いてまいりました。その経験から、その方たちの「生きにくさ」がどこから来ているかが気になり始め、家庭を構成する夫婦の問題に思い至りました。そして、夫婦問題・離婚問題は避けて通ることはできないと考えています。 悩みながらも自分らしく生きるあなたを応援します。

0コメント

  • 1000 / 1000