池田のひとりごと 夫が最後の・・・

こんにちは

離婚カウンセラー池田昭子です。

2008年5月のアーカイブにおつきあいください。

確かに2017年現在、不倫問題お騒がせですよね。




「夫が最後の恋人・・・」

昼ドラのヒロインの言葉です。

「夫が最後の恋人だと思っていたのに・・・」

と続きます。


たまたまつけたTVなので人物設定はわかりませんが、人妻が夫以外の男性を好きになってしまったという感じかな。

これからどんな進展になるのかわかりませんが。

池田はTVのスイッチを切りました。


これから仕事だからです。ストーリー展開はわかりません。


ドラマはトレンドを映すものだし、トレンドを作っているとも言えますから、現代の若い人妻の中にこのヒロインに共感する人も多いのでしょうね。


ドラマで、もし人妻が不倫に走れば、不倫の敷居がまたぎやすくなることも考えられ、世の中不倫ブーム到来!?


今の世は、結婚したからといって老け込む方はあまりいませんね。

アンチエイジングという価値観の元「いつまでも若く美しく」が良しとされています。


幼稚園ママや小学生ママはまるでお嬢さんみたいに現役です。


だとしたら当然、恋愛の対象になるわけですし、自分自身も準備万端!

罪の意識も希薄になるのかも。


家庭を持つ方の恋愛が問題になるのは「家族を苦しめる」からですよね。


人はなぜかパートナーの一番でありたいと思います。

その約束のもとで結婚という契約を交わしたはずですよね。

その約束が根底から崩れる・・・それが不倫なのに。


軽いですね。重大な事を軽く乗り越えてしまう・・・

そのズレが悩みに発展するわけです。


苦しめられる家族の中にはまだ何もわからない小さなお子さんもいるでしょうね。


いえ、自分自身が子どものときにその立場だったという・・・こともありますよね。

もし、今、悩んでいるのでしたら少し引いて考えてみましょう。


もう一つのポジティブシンキング~前ではなく現在(いま)を向いて生きよう~

が「池田のススメ」です。

離婚カウンセラー池田昭子相談事務所

離婚カウンセラー池田昭子です。 10年近く、大阪・京都・阪神間などで活動中。 カウンセラーとして1000人近くの辛い心で過ごす方の声を聴いてまいりました。その経験から、その方たちの「生きにくさ」がどこから来ているかが気になり始め、家庭を構成する夫婦の問題に思い至りました。そして、夫婦問題・離婚問題は避けて通ることはできないと考えています。 悩みながらも自分らしく生きるあなたを応援します。

0コメント

  • 1000 / 1000