池田のひとりごと  夢分析

こんにちは

離婚カウンセラーの池田昭子です。

ホームページの移行に伴い、この場で記事を書いていくことにしました。

どうぞよろしくお願いします。


しばらく、旧ホームページのコラムに書いていた記事も移行していきたいと思います。

池田自身は懐かしくも新しい「池田のひとりごと」おつきあいください。

2008年5月14日の記事です。



カウンセリングでお話を聞いていると、夢の話をしてくださる方がいます。

夢を記憶していて話してくださるだけあって、興味深い話です。

同じ夢を何度も見るということもよく聞きます。

夢が何かを伝えたがっている・・・

またはそれほど気にかかかっている事柄だともいえます。


フロイトは、「夢解釈は無意識へ至る王道である」と言って、精神分析の重要な材料にしていました。


夢は確かに何かを伝えようとしています。

でも、夢のメッセージを正しく受け取るためにはコツがいります。

同じような夢を見ても、その人の置かれた状況が違えば意味も変わってくるのです。



池田は今朝、夢を見ました。

池田にとってはわかりやすい夢でした。

ほんの一部分ですが、池か湖のようなところを泳ぎきる夢でした。


重大な変化の訪れを告げていました。

また、シャドウの出現で「健康面に不安」を受け取りました。


実際はとても元気で風邪一つ引かない池田ですが、久しぶりに健康診断を受けようと思います。


ふと目が覚め、起きるにはまだ少し間があったのでうとうとすると、また夢を見ました。池田が努力をすると宝が手に入るという内容でした。

そこで、コツを一つ。この場合の宝は金銀財宝ではありません。

先日の「プラトニックラブ」で書いたように、池田が悩んだ「愛のありか」を教えてくれていました。それはどこなのかはまた後日・・・・

離婚カウンセラー池田昭子相談事務所

離婚カウンセラー池田昭子です。 10年近く、大阪・京都・阪神間などで活動中。 カウンセラーとして1000人近くの辛い心で過ごす方の声を聴いてまいりました。その経験から、その方たちの「生きにくさ」がどこから来ているかが気になり始め、家庭を構成する夫婦の問題に思い至りました。そして、夫婦問題・離婚問題は避けて通ることはできないと考えています。 悩みながらも自分らしく生きるあなたを応援します。

0コメント

  • 1000 / 1000